2017年9月22日 (金)

それ、因果関係本当にありますか?根拠ありますか?

Yuka150701098458_tp_v
フリー写真素材ぱくたそ
より


売上が落ち続けているチェーン店のA飲食店があったとしよう。

ある日、売上を回復させるためにB店長がやってきた。その店長がやってきてから、じわじわと売上が伸びてきて、半年で売上が就任前の20%増になった。

これだけの話であればこの売上増は新しいB店長の手腕だ!すごい!という話になるかもしれない。 しかし、例えばこの飲食店の周りに、店長Bが就任した同時期に大規模な観光施設がオープンしていたとしたらどうだろうか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

自転車に乗る人必見。バスの運転手から見えない死角はこんなにある

0i9a5323isumi_tp_v_2
フリー写真素材ぱくたそ より

「死角」という言葉。運転免許を持ってる方は当然、知っていると思います(運転していて知らないとむちゃくちゃ怖いです)。特にトラックなどの大型車両の死角は大きいことが有名ではありますが、普段自転車に乗っている人で、大型車両の死角を意識している人はあまり多くないのではないでしょうか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

[映画レビュー] さとにきたらええやん

Dsc_4308

昨年(2016年)、十三の第七芸術劇場で見た映画です。

自主上映|映画『さとにきたらええやん』公式サイト
映画『さとにきたらええやん』公式サイト

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

[グルメ] ~上町筋 山口果物~ 本物のフルーツを使ったかき氷

大阪にあるかき氷屋さんとしては、今や1、2を争うぐらい有名ではないかと思われる上町台地にある「山口果物」に昨年(2016年)の9月に行きました。

Img_0079

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

大阪市バスの「かんたん沿線マップ」を作ってみました

Dsc_1180

大阪市に住んでいる人も、大阪によく来られる方も、大阪市営地下鉄のことはよく知っていても、大阪市バスのことはご存じでない方が多いと思います。そこで、207さんが作られた『「大阪府外民」に向け作った御堂筋線沿線マップ等』を勝手にリスペクトして、大阪市バスの「かんたん沿線マップ」を3つ作成しました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パインアメグッズ@日本市 ルクアイーレ店

大阪ステーションシティのノースゲートビルの西側「ルクアイーレ」。かつて三越伊勢丹が入っていた建物。ここでパインアメグッズを買いました。

Dsc_6368
▲大阪駅のホームから撮影

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

[期間限定] 高架駅なのに構内踏切がある「えちぜん鉄道新福井駅」

「構内踏切」とは通常の道路の踏切ではなく、駅の構内にある踏切のこと。駅舎(改札)とホームを行き来等する際に陸橋(跨線橋)がなく踏切を渡らないといけない場合に設けられることがあります。

基本的には地平(地上)にある駅に設けられるものであり、高架駅の場合は駅舎(改札)が1階、ホームが2階にあるため階段等昇降施設を設けるだけでよいことから、通常、構内踏切が設置されることはまずありません(地下駅も同様)

しかし、この構内踏切が珍しく高架駅に設けらている駅があります。期間限定です。

Osaka10005_2
※写真はすべて2016年撮影です

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

[大阪][十三] 第七藝術劇場(映画『人生フルーツ』)/がんこ総本店/野口商店のかき氷

十三に行ってきました。

Juso3
多摩地区そして日本各地の画像集」より引用

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

[島根観光] 奥出雲おろち号に乗った(後編)

前編」の続きです。

Photo

出雲坂根駅の三段スイッチバックを通過し、三井野原駅へ向かいます(現在の位置は、上図の⑤)。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

新幹線の駅を間借りしている「えちぜん鉄道福井駅」

Dsc_3175

期間限定ですが、珍しい駅が福井市にあります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«生きた建築ミュージアムフェスティバル2016(後編)