« 札幌駅周辺のバス乗り場について | トップページ | 【札幌ラーメン巡り】北海道らーめん奥原流 久楽 本店 »

2012年12月28日 (金)

食べ物の「おいしい」「おいしくない」の話は難しい

よくグルメ雑誌とか、知り合いからおいしい食べ物屋さんのおすすめある?とかで、

この店「おいしい」「おいしくない」という基準があると思いますが、

この「おいしい」「おいしくない」というのは、とても基準が難しい話だと思います。

なぜかというと、その人の今まで培ってきた「味覚」に非常に左右されるからです。

当然、育ってきた環境・地域による違いもあると思います。
(よく言われる、関西は薄味、関東は濃味など)

あと、「○○○(お店の名前)っておいしくなかった!」っというのは、
よく聴く言葉ではありますが、あまりこれは言わない方がいいのではないかと思います。

私は、特に、ラーメンは、人それぞれ好みが分かれるものだと思っています。
私の場合は、「醤油ラーメン」「あっさりしている」という基準が第一になるので、
おすすめのラーメンというのを語るのは、とても難しいのではないかなーと思っています。

以前、和歌山にあるとあるラーメン屋さんがおいしくて気に入ってたのですが、
そのラーメン屋さんについて「おいしくない」と言っていた人がいたので、
なんか気分が悪くなりました。

なぜかというと、私が「おいしい」と思った店を「おいしくなかった」と言われると、
私の味覚が否定されたような気がするのですよ!

だからといって「おいしくなかった」と言った人は、その人の味覚を基準にして言った言葉だから、間違いはないんだろうし、悪気があって言ったわけではないと思います。
ただ、単純にその人はそのラーメン屋さんの味が合わなかったのだろう。

だからといって、グルメの話で「おいしい」「おいしくない」ということを言わなければ話も進まないし、おもしろくないですね。

「関西は薄味、関東は濃味」と言われますが、
これも当然、「おいしい」「おいしくない」という基準で考えること自体が本当はおかしいわけですね。

う~ん、味覚って難しいな~~。

だからというわけではないですが、
私のブログでは、「おいしかった」店については、紹介していったりしようと思いますが、
「おいしくなかった」店については、触れないでおこうと思います。


ランキングに参加中
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ
にほんブログ村

↑ポチっと押して頂ければブログを書く励みになります。
応援よろしくお願いします

|

« 札幌駅周辺のバス乗り場について | トップページ | 【札幌ラーメン巡り】北海道らーめん奥原流 久楽 本店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513539/48441061

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物の「おいしい」「おいしくない」の話は難しい:

« 札幌駅周辺のバス乗り場について | トップページ | 【札幌ラーメン巡り】北海道らーめん奥原流 久楽 本店 »