« [グルメ] サクっと入ったけど長居しました ~難波 大丸屋~ | トップページ | [京都] 丹後くろまつ号 地酒コース(前編) »

2015年3月 7日 (土)

大阪築港の近代建築

天保山や海遊館のある大阪の築港エリア、明治以降に大阪の玄関口として栄えた地域です。その頃の雰囲気を残す建物が中央線大阪港駅の近くに残っています。

Kobe0001_4


天満屋ビル

Kobe0009

一つは、真ん中に中央線が通るみなと通に面する天満屋ビル。昭和10年(1935年)竣工。


Kobe0008

面白いのは1階が半地下になっていること。この地域一帯が台風などでよく水没したため、昭和25年(1950年)に道路を嵩上げした結果、こうなったそうです(『大大阪モダン建築』より)。


Kobe0011

Kobe0007

階段を登って(一応の)2階はカフェ「ハaハaハa」になっています。いや、なっています、と言うか2014年9月に行きました。


Kobe0005

内装は柱といいますか梁といいますか、建築当時の雰囲気をそのままの感じになっていて(たぶん)、とても落ち着く空間です。オムライスが自慢のお店のようです。


Kobe0006

Kobe0010

大大阪モダン建築』を読んでずっと気になっていた建物。見るだけでなくこんな通いたくなるモダンな空間があったとは。

ハaハaハa


商船三井築港ビル

Kobe0001

大阪港駅から西へ歩いたら、先に目につくのはこちらの建物。実は天満屋ビルと隣接していて、写真の奥が天満屋ビルです。



Kobe0004

こちらも天満屋ビルと同様、道路の嵩上げで2階が1階のようになってます。1階はほとんど埋まってます、、、



Kobe0002

Kobe0003

写真は2014年9月7日撮影。2日後に『築港麺工房』というお店が開業するようでした。


おわりに

築港に残っている近代建築は、これら2つの建物以外には旧住友倉庫の築港赤レンガ倉庫ぐらいのようです(赤レンガ倉庫の方が現在改修中)。

Pa188822
▲2014年10月撮影、大規模改修中の赤レンガ倉庫。

赤レンガ倉庫は、築港地区の集客観光拠点化・活性化の中核施設に生まれ変わるようで、今後が楽しみです。

大阪市港区 築港地区の「赤レンガ倉庫」 活用事業者募集プロポーザルにかかる事業者を決定! - 陽は西から昇る! 関西のプロジェクト探訪 (2014.2.15)


★Twitter、Facebookもやってます。
Twitter
Facebook

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ 

|

« [グルメ] サクっと入ったけど長居しました ~難波 大丸屋~ | トップページ | [京都] 丹後くろまつ号 地酒コース(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513539/59173573

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪築港の近代建築:

« [グルメ] サクっと入ったけど長居しました ~難波 大丸屋~ | トップページ | [京都] 丹後くろまつ号 地酒コース(前編) »