« [グルメ] ~上町筋 山口果物~ 本物のフルーツを使ったかき氷 | トップページ | 自転車に乗る人必見。バスの運転手から見えない死角はこんなにある »

2017年9月 8日 (金)

[映画レビュー] さとにきたらええやん

Dsc_4308

昨年(2016年)、十三の第七芸術劇場で見た映画です。

自主上映|映画『さとにきたらええやん』公式サイト
映画『さとにきたらええやん』公式サイト

2013年、大阪市の「子どもの家事業」を廃止を受けて、存続が危ぶまれたという話は知っている人は知っているかと思います。

大阪市「子どもの家」廃止 子どもの貧困は家族の貧困  WEDGE Infinity(ウェッジ)(2012.6)

「こどもの里」、正直なところ、このような施設があることをこの映画を観るまでまったく知りませんでした。


実は、身近にあるものなのに、知らない世界だった。いや、これを知らない世界なんて言ってしまってはいけないんだと思う。世界とか別の次元のようなものではないのだから。


舞台はあいりん地区(いわゆる釜ヶ崎)。

出てくるみなさんは、いろいろ困難がありながらも必死に生活をしている。いや、ただ環境が違うだけで、必死で生活しているのは誰でもなんだろうけど。


いろいろなドキュメンタリー映画を見てきましたが、今までで一番心を打たれた気がする。しかし、これは心を打たれたなんて表現ではダメなんだろう。ここに出てくる人にとっては日常なんだから。



こどもの里は、本当に大事な施設だと思う。この施設がなければ、世の中回らない。


挿入歌として、SHINGO★西成さんの曲が流れてきます。そして、最後の方は、SHINGO★西成さん本人も出てきます。SHINGO★西成さんカッコイイ。



今でもところどころで上映は続いているようです。ぜひぜひ見てほしい作品です。

当ブログでは次のようなカテゴリーの記事もあります
当ブログの国内旅行・おでかけ まとめ
グルメ
クッキング
日記・コラム・つぶやき

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

Twitter、Facebookもやってます。
Twitter
Facebook

 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ  

 

ここ1週間でよく読まれている記事

|

« [グルメ] ~上町筋 山口果物~ 本物のフルーツを使ったかき氷 | トップページ | 自転車に乗る人必見。バスの運転手から見えない死角はこんなにある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513539/71589339

この記事へのトラックバック一覧です: [映画レビュー] さとにきたらええやん:

« [グルメ] ~上町筋 山口果物~ 本物のフルーツを使ったかき氷 | トップページ | 自転車に乗る人必見。バスの運転手から見えない死角はこんなにある »